Lifeworkphoto

撮影後カメラマンが行う作業など

前回の記事の続きです。

撮影データをパソコンに移す作業とバックアップ

撮影後は写真データが入っているメディアカード (SDカードやXQDカードなど)をパソコンに読み込ませます。

納品が終わるまではメディアカード (SDカードやXQDカードなど)内のデータは消さない方が良いです。

バックアップは現在では多くの選択肢がありますが、僕はAmazon prime photos(月額500円)を利用しています。RAWデータのまま保存できる事が便利です。他にAmazon driveもあり、分かりにくいのでリンク貼っておきます。

Amazon PhotosとAmazon Driveの違い

バックアップはパソコン内ハードディスク以外にもう1つあれば安心ですね。

写真セレクト

写真セレクトは重要です。納品する写真を選ぶだけではなく、カメラマン フォトグラファーの評価にも繋がります。現在では昔と違い「撮るだけ」 の仕事はなかなかありません。

写真セレクトする事によって自身の一枚を見直し、構図を考えたり、設定などが修正が必要など、学ぶ事は多いので集中して取り組みます。

無駄撃ちも減りますね!

現像(仕上げや調整)

現場で出来る限り良い状態の設定で追い込んで臨むわけですが、やはりカメラは私たちの「目」 にはまだまだ及ば無いところもあるので、現像します。

撮って出しで良いよって言ってくれる所もありますが、それでだけでは僕自身の個性が入ら無いような感覚なのです。

黒つぶれや白飛び、ピントの確認も重要です。MacBook Pro13 2017で確認した後に4kモニターで確認したらピントが合ってないなんて事もたまにあります。しっかりしたモニターは重要です。

納品

様々な納品形態があります。

DVD納品

インターネットを利用しての納品

プリント納品

僕自身はAmazon photosでの納品が多いです。

パソコンのデスクトップにフォルダ作成し、そのフォルダに仕上げた写真を書き出します。

その後Amazon photosにアップロードし、共有リンクを依頼主クライアントへお送りします。

撮って出しで良いのか?

撮って出しで、自身が納得できればバンザイですが、jpegはカメラメーカーが決めたデータであり、間引かれたデータなのです。自身が撮った写真データの100%を見無いのはもったいない。

目的はその時見て感じた一枚になれば良い訳です。

請求

やりたくない。

どなたかやってくれませんか?笑

世界中のフリーランスのカメラマンはそう考えていると思います。

撮影から現像、納品で殆ど疲れ切ります。

でも、撮影料金無いと生きていけませんので踏ん張ります。

代理店のかたから指定された書式での請求やインターネットだけで完結する請求もあります。

「misoca」

事前に登録すれば印鑑を押す事を省く事や郵送ではなくメールでやりとりができますので、時間もかかりません。

スマートフォンアプリもありますので便利です。

misoca

お疲れ様でした!

これからも宜しくお願い致します。

okinawa@lifeworkphoto.com

lifework photo管理人 

2020年 仕事始め!撮影前日カメラマンの撮影準備や確認する事前のページ

前澤優作さん【総額10億円】#前澤お年玉 100万円を1000人にプレゼントします!に応募。と僕のやりたい事。次のページ

ピックアップ記事

  1. ストロボ1個で腕時計を撮影/F値と被写界深度

関連記事

  1. mac

    8年使い倒したMacbook proからMacbook pro2017 13inchへ

    多くの方がレビュー記事を掲載されていますが、僕なりの購入に至ったきっか…

  2. Lifeworkphoto

    振り返ってみると、「撮る事が好きなんだなぁ」

    イメージして撮れたことの感触。ゼロからはじめたカメ…

  3. life

    成人式スタジオ撮影チャレンジ

    今回のクラウドファンディングのおかげで、様々な出会いがありました!そ…

  4. カメラマン

    障がいがあっても夢を追いかけてもいい

    クラウドファンディングスタートしました!障がいがあっても夢を…

  5. Lifeworkphoto

    写真教室開催致します

    沖縄でゆったり写真を学ぼうスケジュールが合えば、いつ…

  6. crowd funding

    YouTubeをはじめ、世界の動画市場にも制作チームとして参加できます

    YouTubeをはじめ、世界の動画市場にも制作チームとして参加でき…

  1. Lifeworkphoto

    写真教室開催致します
  2. Lifeworkphoto

    ストロボ1個で腕時計を撮影/F値と被写界深度
PAGE TOP
error: Content is protected !!