撮影技術

2018年は撮影する事と、現像する事に集中しようと思う

Macbook pro2010 13inchからMacbook pro2017 13inchへ買い換える事で、Retina displayの表現力に改めて「写真の見方」が変わりました。

2018年 今年は本格的なカラーマネジメントの可能なdisplayの追加と、現在までの撮影のレベルアップを目指したい。

もう趣味や自己満足の機材では無く、業務をこなし本気で表現する為の撮影機材

ディスプレイのガンマ値やホワイトバランス 輝度などスタートラインに立つにはまだまだ学ぶ事が多い訳ですが、先駆けて世界で注目される日本人の方々が居ます。

そこに踏み込みたい。

「1枚の写真をしっかりとした環境で扱う」事に時間がかかりました。

「スタートライン」 に並びました。

これからをもっと楽しみます。

いつかは世界的な「ナショジオ」などに掲載されるような1枚を撮りたい。

ピックアップ記事

  1. ストロボ1個で腕時計を撮影/F値と被写界深度

関連記事

  1. カメラマン

    障がいがあっても夢を追いかけてもいい

    クラウドファンディングスタートしました!障がいがあっても夢を…

  2. Lifeworkphoto

    夢を実現するにはもっと多くの力が必要です。

    夢を実現するにはもっと多くの力が必要です。残り13日5月12…

  3. Lifeworkphoto

    NIKON D780発表とミラーレスカメラ云々

    D780 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング_…

  4. mac

    8年使い倒したMacbook proからMacbook pro2017 13inchへ

    多くの方がレビュー記事を掲載されていますが、僕なりの購入に至ったきっか…

  5. Lifeworkphoto

    マニュアルレンズが面白い事と、俺が決めるピントと稼いでくれたレンズ。

    マニュアルレンズが面白い事と、俺が決めるピントと稼いでくれた…

  6. Lifeworkphoto

    撮影後カメラマンが行う作業など

    前回の記事の続きです。撮影データをパソコンに移す作業とバッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Lifeworkphoto

    ストロボ1個で腕時計を撮影/F値と被写界深度
  2. Lifeworkphoto

    写真教室開催致します
PAGE TOP
error: Content is protected !!