Lifeworkphoto

Chatan-cho American Village Voigtlander58mm/NIKON micro 105mm

仕事の撮影だけでは無く、自身の作品撮りや今後の撮影に活かす為に夕方からノープラン撮影。

Voigtlander58mm/Nikon micro 105mmにて撮影

58mmなのか105mmなのか?皆さんはわかりますか?

何も決めず、感じた時にシャッターを切る。仕事ではどうしても制約に縛られます。ここ数年は稼ぐための責任を背負った撮影が多かったので、今日みたいな時間が無いといけないとずっと考えていました。

最新のレンズでは無く、オートフォーカスも無いレンズのVoigtlander58mm f1.4 機材に頼るのでは無くシャッタースピード、被写界深度、焦点距離、露出を好き勝手に決める事の楽しさ。

最近のブログやYouTubeでは最新の機材のレビューや比較が多く、機材を大切に使いこなしている内容が少ない。

撮るための道具なのに機材の決めた露出、色、シャッタースピード、被写界深度だけではもったいない。自身の個性を表現しよう!偉そうな事を言ってますが、僕自身もまだまだ道の途中。イメージして撮るしかありません。

オールドレンズでも楽しい!

Nikonの魅力はfマウント。何十年も前のレンズが現在のd7200やd5などで、マウントアダプター無しでも使用できる事です。経済的にゆとりがあれば、最新のカメラとレンズを揃えれば楽しいかもしれません。でも、大切に使われた古いレンズは様々な感覚を感じさせてくれます。オートフォーカスが無いならマニュアルで自分で決める事や、最新のレンズと違い色やコントラスト、周辺減光などレンズの楽しさを教えてくれます。

オールドレンズのマニュアル撮影は楽しい!

アンダーにしたり、オーバーにしたり、ピントを外してみたり、オフの日は自由でいいじゃないか!

Adobe spark で遊ぶ!前のページ

マニュアルレンズが面白い事と、俺が決めるピントと稼いでくれたレンズ。次のページ

ピックアップ記事

  1. ストロボ1個で腕時計を撮影/F値と被写界深度

関連記事

  1. Lifeworkphoto

    限られた空間での撮影

    いつでもどこでも、「光を読み」判断する。太陽を利用するか、店…

  2. Lifeworkphoto

    夕暮れ時 Nikon D5

    沖縄ぶらりスナップカラーがあるような、無いような。仕事以外…

  3. Lifeworkphoto

    次のカメラはどれにしようか?

    ミラーレス か?一眼レフ か?d750が2014年から2回のシ…

  4. Lifeworkphoto

    振り返ってみると、「撮る事が好きなんだなぁ」

    イメージして撮れたことの感触。ゼロからはじめたカメ…

  5. Lifeworkphoto

    2019年 自身の撮影や現像について

    あけましておめでとうございます。仕事や趣味で撮影しているlifewo…

  6. crowd funding

    YouTubeをはじめ、世界の動画市場にも制作チームとして参加できます

    YouTubeをはじめ、世界の動画市場にも制作チームとして参加でき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Lifeworkphoto

    ストロボ1個で腕時計を撮影/F値と被写界深度
  2. Lifeworkphoto

    写真教室開催致します
PAGE TOP
error: Content is protected !!