Lifeworkphoto

Nikon D5を使いこなす

Nikon D5を使いこなす為に、暫くD750を触らないようにした。

D750はシャッターユニット交換も2度行う程の使用回数なので、本当に馴染んでいる。

D750のrawデータの扱いやすさと写りは万能で、商品撮影やウェディングでも問題ない。

サブで使用しているカメラもフルサイズセンサーにしようと考え、今後の撮影内容を広げる意味でもD5にしようかなー?と悩んでいた。

2019年の春 購入に踏み切ったD5は操作がしやすく、AFや耐久性で選ぶ事となった。

ミラーレスも興味があったのだが、システム変更や機材周りを一新する程では無いように感じた。

D5はD750とは出てくる仕上がりのゴールが違うように感じる。現像なしで1発で仕上げるような感じ。

「撮りたい時に撮れる」これに尽きる。主にスポーツなどのAF性能が前に出るが、ポートレートや商品撮影でも問題ない。

D5をスポーツなどで扱うには、他機種には無い「AF」を理解し、自身でコントロールする事が重要な気がする。巷では「瞳AF」が凄いと評判だが、ピントは自身で合わせる事が「楽しい」のでD5を選んだ。

まだまだ使いこなせていないが「撮ることは楽しい」

ピックアップ記事

  1. ストロボ1個で腕時計を撮影/F値と被写界深度

関連記事

  1. Lifeworkphoto

    マニュアルレンズが面白い事と、俺が決めるピントと稼いでくれたレンズ。

    マニュアルレンズが面白い事と、俺が決めるピントと稼いでくれた…

  2. Lifeworkphoto

    限られた空間での撮影

    いつでもどこでも、「光を読み」判断する。太陽を利用するか、店…

  3. Lifeworkphoto

    勘違いでした!

    過去の写真はAi AF Micro-Nikkor 60mm f/2.…

  4. Lifeworkphoto

    昭和レトロ田舎庵

    沖縄市諸見里にある昭和を感じさせる居酒屋です。写真…

  5. Lifeworkphoto

    石垣島/えいこ鮮魚店/Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D/ 石垣島に行くな…

    お店の方もあたたかく、メニューも最高。ここでしか味…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Lifeworkphoto

    ストロボ1個で腕時計を撮影/F値と被写界深度
  2. Lifeworkphoto

    写真教室開催致します
PAGE TOP
error: Content is protected !!