Lifeworkphoto

NIKON D780発表とミラーレスカメラ云々

D780 – 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング_

NIKONからD780の発表がありました。僕はD750を発売当初から仕事で使用して、昨年からはD5も使い込んでいたので「どうなのか?」 興味津々。

D750は万能です。ウェディング スポーツ スクールフォト 星空撮影 フード撮影色々撮りました、

「D750では撮れない」 「SONYじゃないと撮れない」 なんて事は1度もありませんでした。ミスの出来ないオリンピックなどではやはり各メーカーのフラッグシップだと思います。

D750 – 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング_

ミラーレスは仕事では使った事ないのでわかりませんがミラーレス機のEVF (電子ビューファインダー)が一眼レフ機のファインダーように遅れが無ければ今後購入するかもしれません。EVF (電子ビューファインダー)を片目で見ながら反対の目で目の前の物を見ると、どうしてもEVF (電子ビューファインダー)に若干遅れが出ます。「この遅れ」 が限られた時間での「瞬間」 を撮るには不安が残ります。

それ以外のメリットは一眼レフより大きいかもしれません。撮影者のスタンスにもよると思います。

D750から買い替える?

買い替えません!

D750が使えなくなったら考えます。充分に、最新のカメラと勝負出来ますから。

D780の性能は様々な進化がありますが、写真を撮るあなたの技術が大切なんです。

まだまだ人の目にはカメラは追いついていません!なので「現像」 する訳です。

偉そうな事を書いていますが、カメラを使いこなし、しっかりした環境でカラーなどを確認し、現像する事。

大切な価値観だと思う。ナショナルジオグラフィックに選ばれるカメラマンの方々のカメラはそんなに最新では無いのです。

使いこなす事が大切です。と自分に言い聞かせて今日は終わります。

ピックアップ記事

  1. ストロボ1個で腕時計を撮影/F値と被写界深度

関連記事

  1. Lifeworkphoto

    自分の意志で撮るカメラはこれか

    タフである事と撮りたい瞬間に撮る。カメラの決めた色では無く自分…

  2. Lifeworkphoto

    lifework photoでは、仕事の無い時には「撮影練習」

    少しばかりの仕事をこなしているだけで、いつでも完璧な1枚が撮れるわけ…

  3. Lifeworkphoto

    撮影後カメラマンが行う作業など

    前回の記事の続きです。撮影データをパソコンに移す作業とバッ…

  4. Lifeworkphoto

    振り返ってみると、「撮る事が好きなんだなぁ」

    イメージして撮れたことの感触。ゼロからはじめたカメ…

  5. life

    成人式スタジオ撮影チャレンジ

    今回のクラウドファンディングのおかげで、様々な出会いがありました!そ…

  6. Lifeworkphoto

    「様々な障がいがある中で、利用される方々の仕事内容や生きる喜びを歩きながら考える」

    「様々な障がいがある中で、利用される方々の業務や生きる喜びを歩きなが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Lifeworkphoto

    ストロボ1個で腕時計を撮影/F値と被写界深度
  2. Lifeworkphoto

    写真教室開催致します
PAGE TOP
error: Content is protected !!